水は一日にどれだけ飲むといいか

人間の体のおよそ60パーセントは水分でできています。一日に必要な量は成人で2.5リットルと言われています。意識をしなくても食事から約1リットル、体内で作られるのが約0.3リットルなので飲むのは1.2リットルほどでいいです。水分摂取量が少なくなると重大な健康被害を起こしてしまう可能性があります。5パーセント失うとのどがカラカラになり、10パーセント失うと筋肉のけいれんや循環不全を起こします。20パーセント失うと死の危険が出てきます。循環不全を起こすと中高年に多い脳梗塞や心筋梗塞になるリスクが高まります。

どれくらいの量を飲めばいいか

人間の体の60%~80%は水分で出来ていることから考えても、健康と切り離せないことは想像できるでしょう。人間は呼吸をしたり、汗をかいたりすることで約2Lの水を使っています。では、この2Lだけ取っていれば良いかといえばそうではありません。この2Lはあくまで生命維持に必要な量であり、健康になるためには体の毒素、不要物を洗い流す為(デトックス)のものが必要不可欠です。この量は2.5L以上とされていて、生命維持の分と合わせて一日4.5Lの摂取が効果的です。ここで重要なのが取り方です。生命維持の分(2L)は食事やお茶、ジュース等でも体に吸収されますが、デトックスの分(2.5L)は毒素を洗い流すことが目的なので純粋な水であることが必要です。つまり、みそ汁やお茶では補えません。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; ミネラル豊富な水を飲もう All rights reserved