水で健康維持を心掛けましょう

人間の体は6割は水と言われています。のどが渇いたな、と思った時は、もう危険です。スプーン1杯をこまめに飲み続けることで、点滴と同じような働きをしてくれます。不足することで皮膚がかさかさになったりします。血液がどろどろになって、脳梗塞などを引き起こしてしまうこともあります。一日あたり2.5Lを目安に飲みましょう、と言われます。多いかな、と思っても、お茶などの飲料も含むので、そこまで無理な量ではありません。とにかく不足しないことを心がけましょう。特に、寝る前、寝起きにコップ一杯飲む習慣は健康にとても役立ちます。どういう仕組みで体に働くのかを知って、自分に適した水を飲むようにしましょう。

健康になる身体の仕組み

ヒトの身体の60%は水でできています。この量が不足したら摂取し、量を常に一定に保つことが健康につながります。身体の中でさまざまな役目を果たしていて、特に大切な役目は老廃物の排出です。ヒトの体は日々新陳代謝を行ない、古くなったものと新しくなったものを交換しています。古くなったものは老廃物や汚染物質などになるので体外に排出する必要があります。しかしストレスなどが続くと排出が困難になり体内に溜まってしまいます。そのため規則正しく水を摂取し、老廃物を排出させることが必要です。健康な身体の仕組みには欠かせないものです。

↑PAGE TOP

Copyright & copy; ミネラル豊富な水を飲もう All rights reserved